nesosukeの日記

なんかこうメモするやつ

丼鯖update: v2.6.5-->v2.7.1

サボっていたアプデをやったのでメモ.

doc

github.com

環境

non-docker on Debian9 on ConoHaVPS 1GB

v2.7.1とってくる

cd ~/live && git pull && git checkout v2.7.1

Ruby2.6.1のインストール

cd ~/.rbenv/plugin/ruby-build && git pull && cd -
rbenv install 2.6.1 
rbenv global 2.6.1

あとは自作スクリプヨでおわり

github.com

所要時間:30分くらい.

思い出すシリーズ: アドベントカレンダー

何回か書かないまま年越しちゃった。 それは別にいいんだけど、なにか書こうとするたびに1ページ目に書かなかったアドカレが目に入って無限に虚無になる やんなきゃよかったかなあとか思ったりするけど、わりと初めの方はおもしろおかしくなってたしすげー悩ましいし、そもそも書くネタないのに見切り発車なんかしたからとかいうのもあったりするし、やめやめ!

あとどうでもいいけど、予約投稿って日時を未来に指定した時点でトグルオンになってほしい。誤爆した。

クソ未来に設定することで恒久的トップページみたいな運用をしているひともいるけどね

試験終わるまでsns見るのやめます

精神終わってるし丼見たら人いてTLに乗っかっちゃうし、steamの通知で釣られてゲームしちゃうし、よくないのでネット断することにした。

マジで今回ほんとうにちゃんとやらないと単純に留退とか以前に人間やめる領域に片足突っ込んでる気がするし、そういうことを考えてしまって無限にぐるぐる考え込んてしまうしげんじつとうひもしたくなってきて終わっているのでとりあえずネット断ってみたることにした 丼はログアウトした、鳥みてーに削除後30日のクールタイムほしい いらんけど。

中間はできてたのでまだ希望はあるはず 無事クリアしたらOSCいく、だめならどうするかね 考えたくもないけど。 剤でもやってれば多少救いがあったけど結局シラフでやってるのこうかあしてるしいっとけばよかった

なんてことを丼に書くに躊躇っちゃうね人目につきにくいブログでやろうねという時点で、もうだめかもしれん

p.s. わしの知り合いでもしこれを見つけて、かつ急な連絡を取る必要があるようなことがあったりしたら、 Discord: nesosuke#1059 まで。 もしくはgmailでも可 そのへんのidはnesotechに書いてる

丼鯖のSSL cert更新した

起きたらLEからメールが来ており「2/4で切れるからはよやれ」とのこと。 試験終わる(2/8)まで待ってほしかったがそうもいかないので、手動で更新。

crontabに自動更新させるようにしていたはずなんだがなんかうまく行ってなかったっぽい。 手動でやってみたら判明したが、 --standaloneの書き忘れのためにnginxを止めずに試行して失敗してたらしい。 他の鯖のcrontabもチェックして--standaloneがないものは追記した。 これで大丈夫のはず。

SNSの書きやすさとブログの書きやすさはどっちが上かということではなくて一長一短ってワケ

1時➝5時で寝付けないみたいなのを書いたけど、懺悔みたいな本音をゲロるみたいなのは個人的な感情してチャットライクなリアルタイムSNSには書きにくいなあと思うことがしばしばあって書くのはためらっていて、ブログに書いてみるかとした途端割とスラスラっと書けてしまって、なんでかなみたいなことを考えてみたんだけど、鳥や丼は流速が死ぬほど早いから話題の流行り廃りがあるみたいなのもあるけど、それ以上に(特に丼では)HTLありきというか能動的なフォロー関係によってHTLを形成しているわけで、書き手と読み手の存在がはっきりしているというか、聞き手が存在した瞬間にそこは完全なチラ裏ではなくなり、全くクソどうでもいいようなことは書きにくく感じてしまうのかなあと感じたし、逆にブログは別に誰に見られようと知ったこっちゃない(とはいえネットの海に発信している以上かならすどこかしらに読み手がいるはずなんだけど、SNSとは違って書き手と読み手のつながりが前提とはなっていないという意味ではチラ裏とみなせる)みたいなところがあるので思いついたことをいきなり書いても「チラ裏でやれ」と怒られない気楽な世界だなあと感じたし、よくよく思い返してみれば09年にネットを触るようになってから最初に使い始めた発信ツールってブログだったし、それに後追いする形で10年にツイッターはじめたし、なんなら13年末までの4年間でのツイート数はガラケのtwtr.jpかモバツイしか使えなかったとはいえ8000程度だったのが、スマホ持って直後の14年4月頃には4万行ってたような記憶があるし、19年明けた現時点ではなぜか29万のポスト(RT含む)があったりするし、どうして今こんなんなっちゃたんだろうなという気持ちのほうがデカいけど、よくよく考えてみたら10〜13年の間ってiPod touchは持ってたからデバイスとしては大差ないなとおもったけど、携帯回線でiPod touchの操作感があったらanytime, anywhereだしそりゃあツイッターにリアルタイム性を感じてしまってチャットツール化してもしゃあねえよなという感じもする(リアルタイム性という意味だけ言うならツイッターが06年にサービス始めた直後に津田大介が企業かなんかの会見をツイッターで実況するみたいなことをやってて(tsudaるというやつですね)その頃から世間的にリアルタイム性自体は認識されていたんだけど、ここでは俺の中での認識という意味で)。